公益財団法人 木口福祉財団

KIGUCHI FOUNDATION

木口福祉財団について

現在位置 トップページ > 木口福祉財団について > 木口財団の事業 > 施設貸与事業

施設貸与事業

趣旨

当財団が所有している建物を活用することを通じ、市民参加型福祉の促進と地域振興をはかり、障がい者等の社会的に弱い立場におかれている方々にやさしく明るく住みやすい地域社会の創造に資することを目的としています。

芦屋市保健福祉センター事業

阪神淡路大震災で凍結されていた「保健福祉センター事業」に使用する建物や設備を芦屋市に貸与しています。
芦屋市保健福祉センターの詳細については、芦屋市のホームページをご覧ください。

芦屋市保健福祉センター

木口記念会館事業

木口記念会館のホールや会議室などを障がい者を支援するボランティア・福祉活動や、その他地域福祉の向上を目的とした活動に無料又は低価でご利用いただいています。

【利用の具体例】

  • ボランティア活動の様子を紹介するパネル展の開催
  • 特別支援学校生徒による美術作品の展覧会の開催
  • 障がい者問題を啓発する映画の上映会の開催
  • 各地の障がい者団体の意見交流会の開催
  • 進路を探す障がい者のための障がい者事業所の合同説明会の開催
  • 成年後見人制度学習会の開催 など

イベント事業

木口記念会館を活用し、地域社会の振興及び地域福祉の促進のためのイベントを開催しています。

【これまでの実績】

  • あしや保健福祉フェア
  • ひょうごボランタリースクエア21「市民活動団体交流の集い」 など